東経リビング ─ 福岡・鹿児島地区の大人のプレミアムマガジン

HOME > 2017年3月号 エリア特集「高宮」

リア特集 高宮

高宮八幡宮・高宮南緑地(旧高宮貝島邸)

福岡市南区の北部、中央区との区境にある「高宮」は、天神まで各停で3駅と都心から近く、買い物や飲食の利便性が高いことや評判のよい学校区であること、筑紫丘高校や都築学園グループの高校や大学があることで文教地区としての性格を持ち、人気の居住エリアとなっている。今回は高宮エリアの西側、高宮八幡宮と高宮南緑地(旧高宮貝島邸)を紹介する。

媒体概要

東経リビング

Tokei Living

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

 

■発刊…毎月初旬

    ※鹿児島版は隔月発刊

■サイズ…A4(フルカラー)

■発行部数…福岡版/2万部

      鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先

(発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部

TEL 092(285)0605

交通利便性・生活利便性・教育環境が高バランス

 

西鉄天神大牟田線「高宮」駅を中心として、南区内の高宮・大楠・玉川町・清水・市崎・多賀・野間付近に広がる住商地域「高宮エリア」。西鉄「高宮」駅からの都心へのアクセスはもちろん、「高宮通り」「大池通り」といった主要な西鉄バス路線があることから、天神や博多駅などの都心方面を中心として、南区や城南区などの住宅地方面への交通利便性にも優れている。

 

また、高宮駅付近や高宮通り(福岡県道31号福岡筑紫野線)沿いには高層マンションが多く立ち並び、スーパーや飲食店、雑貨店、小規模オフィスなどがあり、生活利便施設が充実。さらには、人気の学校区であることや、筑紫丘高校、都築学園グループの高校や大学もあるため、文教地区としての性格も持っている。

 

高宮が人気の居住エリアになっているのは、これらの交通利便性・生活利便性・教育環境が高いバランスにあるからだ。

 

 

高宮八幡宮

 

高宮駅の東側の大楠や玉川町はほとんど坂のない平坦な地形であるのに対し、西側の高宮、多賀、野間は小さな丘陵地帯になっていて、駅から離れて西に行くほど徐々に高度が上がり、緑地や寺社や公園が多く見られる。高宮の丘陵部の上には高宮浄水場があるが、この丘陵部には、高宮の地名の由来となった「高宮八幡宮」がある。

 

西鉄「高宮」駅の西口から、高宮通りへ向かって右に少し進み、西側を見ると大きな石の鳥居があるが、これが高宮八幡宮の一の鳥居だ。鳥居をくぐり、閑静な住宅街が続く丘陵地帯に向けて10分ほど進むとこんもりとした鎮守の杜が見えくる。そして、石灯籠の並ぶ階段を上ると、坂を登ってきた疲れを忘れるほどの神聖な空気が流れる境内にたどり着く。

 

高宮八幡宮の御祭神は、玉依姫命、応神天皇、神功皇后の三方で、天智天皇(西暦655~661)が磐瀬の宮(高宮駅東方に地名が残る)に行幸されたおり、祀られたといわれている。

 

 

高宮南緑地(旧高宮貝島邸)

 

高宮通りを西鉄「高宮」駅から野間四ツ角へ向けて歩き、大池通りの手前で丘陵地帯に向かって進むと鬱蒼とした森がある。1981(昭和56)年から福岡市が特別緑地保全地区として樹林地の保全を行ってきた「高宮南緑地」だ。現在は立ち入り禁止となっているが、緑地内には近代の炭鉱業隆盛期に麻生、安川と並び「筑豊御三家」と呼ばれた炭鉱王・貝島太助の弟・嘉蔵(かぞう)の旧宅「旧高宮貝島邸」が現存している。

 

1856(安政3)年に福岡県鞍手郡直方町で貝島永四郎の四男として生まれた嘉蔵は、1879(明治12)年、太助の下で坑夫相手の糧食分配係に就任するも翌年、24歳にして両目を失明する。しかし、伝記『偉盲貝島嘉蔵翁』(吉村誠、1918年)に、「其の肉眼は全く盲せりと雖も心眼甚だ明に、敏慧(びんけい)豪邁能く人を視、事物を観、業務を察し、頭脳又明晰にして果断能く謬(あやま)らざる事、具眼者をして後に瞠若(どうじゃく)たらしむるものあり」とある通り、失明後も文兵衛、六兵衛の二人の兄と共に長兄・太助を支え、各炭鉱の経営にあたり、炭鉱事業で蓄えた資産をもとにして、教育活動や元受刑者の身許引受などの社会活動にも携わっている。貝島家と交流のあった井上馨もまた、「君が盲目は其身に取りては此上なき不幸に相違なきも、太助に取りては善き顧問なり」と嘉蔵に語ったという。

 

高宮南緑地の約1.9ヘクタールの敷地には、1915(大正4)年に直方市に建てられ、1927(昭和2)年に移築されてきた母屋や茶室、衣装蔵の3棟(建築面積:計約670平方メートル)がある。建築に対しては、嘉蔵自ら設計し、監督したという。

 

福岡市では、築約100年の大規模木造建築として、また、大正~昭和初期の炭鉱家の隆盛をしのぶ文化遺産として、建築的にも歴史的にも貴重な福岡市民の資産と位置づけ、豊かな自然環境と歴史的資産を広く市民に公開し、また国内外から多くの人が訪れる交流の場として活用するため、公園として整備・管理運営する方針だ。

東京経済(株)の地域のビジネスに関する

あらゆる情報を発信するニュースサイト

別冊 東経リビング

三菱地所リアルエステートサービスの不動産の価値最大化・最適活用とは

(2017年2月28日発刊)

PR

分譲マンション

注文住宅・建売住宅・リフォーム

事業用・投資用物件の企画・販売

シニアホーム

総合不動産・賃貸管理

経営コンサルタント

旅行

不動産オーナーズローン

不動産売買

(収益物件・土地・中古マンション・中古住宅)

媒体概要

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

■発刊…毎月初旬※鹿児島版は隔月発刊 ■サイズ…A4(フルカラー) ■発行部数…福岡版/3万部、鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先 (発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部 TEL 092(285)0605

「Tokei Living」は東京経済(株)が運営しています。記事・画像の無断転載・転用はお断り致します。東京経済(株) 出版事業部 住所:福岡市中央区清川2-18-12 第2東経ビル TEL:092-285-0605

Copyright (C)東京経済(株) All Rights Reserved