東経リビング ─ 福岡・鹿児島地区の大人のプレミアムマガジン

HOME > エリア特集 >室見

 

【室見エリア特集×クリオ室見】

福岡市早良区室見は、地下鉄、バス、都市高速といったあらゆる交通手段が発達していることから、軽快なフットワークが可能で、都心の天神へも「ちょっとそこまで」という感覚で、出張にJR博多駅や福岡空港へ、福岡高速環状線や九州自動車道の利用で九州各地へも自由自在だ。

 

交通利便性とともに川・海・山と風光明媚で豊かな自然に恵まれていることもこのエリアの魅力だ。背振山系を源流として博多湾に注ぐ室見川沿いには、「福岡アメニティ百選」にも選ばれた河畔公園が整備され、桜や紅葉など、四季折々の自然を楽しむことができ、周辺住民の憩いの場所となっている。

 

室見河畔の様々な風物詩もこのエリアでの暮らしを彩ってくれる。まずは古くから全国的に有名な福岡の春の訪れを告げるシロウオ漁。毎年2〜4月になると、博多湾からのぼってくるシロウオを狙う簗(やな)が室見川下流域に仕掛けられる。簗漁は江戸時代からの伝統があり、早春の味覚として生のシロウオを軍艦巻の寿司種にしたり、生きたままポン酢などで食べる踊り食いが有名だ。

 

4月には、延長4.7キロメートルにおよぶ室見川河畔公園の桜並木が川の風情と溶け合って、美しいコントラストを見せ、本格的な春の訪れを楽しませてくれる景色が、河畔いっぱいに広がる。

 

初夏の兆しが見え始める5月からは、潮の干潮時に河口で潮干狩りを楽しめる。都心に隣接しながらも美しい川であり続ける室見川ならではの楽しみ方であり、たくさんの家族連れで賑わっている。

 

9月には「室見川灯明まつり」が室見川河畔緑地で開催される。「子どもたちの思い出に残るイベントを」「子どもたちの心に故郷を残してあげたい」との思いから、有田校区まちづくり実行委員会が発案したイベントで、5カ所の灯明スポットが設置され、河畔を灯明が彩ると、幻想的な雰囲気が辺りを包み込む。まだ、放生会ほどはメジャーではないが、少しずつ福岡の秋の風物詩として認知され始めていて、このエリアの新たな魅力になりそうだ。

 

 

媒体概要

東経リビング

Tokei Living

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

 

■発刊…毎月初旬

    ※鹿児島版は隔月発刊

■サイズ…A4(フルカラー)

■発行部数…福岡版/2万部

      鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先

(発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部

TEL 092(285)0605

東京経済(株)の地域のビジネスに関する

あらゆる情報を発信するニュースサイト

別冊 東経リビング

三菱地所リアルエステートサービスの不動産の価値最大化・最適活用とは

(2017年2月28日発刊)

PR

分譲マンション

注文住宅・建売住宅・リフォーム

事業用・投資用物件の企画・販売

シニアホーム

総合不動産・賃貸管理

経営コンサルタント

旅行

不動産オーナーズローン

不動産売買

(収益物件・土地・中古マンション・中古住宅)

媒体概要

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

■発刊…毎月初旬※鹿児島版は隔月発刊 ■サイズ…A4(フルカラー) ■発行部数…福岡版/3万部、鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先 (発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部 TEL 092(285)0605

「Tokei Living」は東京経済(株)が運営しています。記事・画像の無断転載・転用はお断り致します。東京経済(株) 出版事業部 住所:福岡市中央区清川2-18-12 第2東経ビル TEL:092-285-0605

Copyright (C)東京経済(株) All Rights Reserved