東経リビング ─ 福岡・鹿児島地区の大人のプレミアムマガジン

HOME > 2015年10月号 中小企業診断士・吉武知美の明日から使える経営テクニック!「中小企業におけるマイナンバー制度への対応」

平成28年1月のマイナンバー制度開始を控え、いよいよ10月よりマイナンバーの番号通知が開始されるということで、中小企業の経営者の方々から『どのように対応すればよいのでしょうか?」、「まず何をしなければならないのでしょうか?」といった声を耳にすることが多くなりました。

吉武知美(よしたけ・ともみ)プロフィール

株式会社ヒロインコンサルティング代表。前職はジュエリーコーディネーターとして活躍し、販売・マネジメントまで手掛ける中で「経営」に興味を持ち始め、独学で中小企業診断士の資格を取得。常に未来志向で、企業の良さを見いだし効果的なマーケティングや新サービスの開発、人材育成、市場や財務的な数値を踏まえた経営戦略の策定等を手がけている。メディアにも注目され、講演やテレビ・ラジオの出演依頼も増えている。

媒体概要

東経リビング

Tokei Living

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

 

■発刊…毎月初旬

    ※鹿児島版は隔月発刊

■サイズ…A4(フルカラー)

■発行部数…福岡版/3万部

      鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先

(発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部

TEL 092(285)0605

企業においても新たな体制整備が必要

 

別の管理番号をつけ、行政の処理に活用するというもので、個人に付番されるマイナンバーは個人情報が一元化された非常にパーソナルなものであり、慎重な取り扱いが求められるため、企業においても新たな体制整備の必要が生じることになります。

 

従来より「個人情報保護法」において、個人のプライバシーを保護するための規定は存在していましたが、「番号法」、つまりマイナンバー制度の導入により、それまでの個人情報保護法では個人情報取り扱い事業者の対象外であった小規模事業者までが適用対象となるので、より数多くの企業が新たな取り組みに対する対応を求められることになりました。

 

業務上の処理基盤さえできてしまえば、将来的に企業側も様々な業務処理を簡素化できる利点があるとはいえ、制度開始前後は多くの番号を収集しなければなりませんし、それを正しく保管し、今後も継続的に厳重な管理をしていかなければならないというのですから、まさに「大」きく「変」わると書いて大変ですよね。

 

それでは、何から手をつけて、具体的に何をどうすればよいのでしょうか。現段階で考えておくべきこととは何なのでしょうか。

 

 

自社に相応しいレベルの安全管理措置を

 

まずはマイナンバー制度の概要を知り、自社の現状を踏まえた上で、対応が必要となる業務は何と何があるのかを明らかにすることから始めましょう。

 

もちろん、すべての企業が大企業のように最高レベルの安全管理措置を実施しなければならないわけではありませんから、業種や従業員規模によって自社に相応しいレベルの安全管理措置を行うことになります。

 

企業側は番号を収集する必要があるため、従業員をはじめとした企業内外の関係者へ自社のマイナンバー対応方針の周知と理解を求めることも重要なポイントです。

 

ただでさえ新制度導入に伴う混乱が生じやすい状況ですから、迅速かつ適切なアナウンスを行い、関係者が共通の認識を持ち、対応を進めることが大切です。

 

来年の1月からの制度開始に向け、これから更に公的なガイドラインや対応についてのマニュアルといった企業側が活用できるツールも増えてくると考えられます。行政の情報にアンテナを張って、上手く活用していくのが望ましいですね。安全管理措置の基盤づくりを公的に補助してくれるような施策によって企業側の負担が少しでも減少することもあるかもしれません。

 

対象業務が明確化されれば、それぞれの業務について具体的にどのような対応をとるのかを検討できます。

 

例えば、PCで管理しているデータやシステム上のセキュリティの強化、個人情報を取り扱う担当者の限定・責任者を配置する等して、自社の個人情報の管理・運用レベルを定めます。

 

自社のみで対応するのが困難な部分については外部の専門家に相談するのも一案です。場当たり的な対応をするのではなく、先々のことまで考えた『継続可能』な体制づくりをしていくことが大切だと私は考えています。

 

個人情報保護の重要性が叫ばれる時代です。情報漏洩は、企業にとって取引先や顧客からの信頼低下等の経営上のリスクとなり得るだけではなく、発生してしまった場合の事後対応にも多くの時間や経営資源といったコストがかかってしまう問題です。

 

新たな体制の整備は確かに「大変」ではありますが、経営は常に環境変化への対応でもあります。

 

今回の新制度を「個人情報の管理や流出のリスクについて多くの企業が考える良い機会」だと捉え、前向きに取り組んでいきたいですね。

東京経済(株)の地域のビジネスに関する

あらゆる情報を発信するニュースサイト

別冊 東経リビング

三菱地所リアルエステートサービスの不動産の価値最大化・最適活用とは

(2017年2月28日発刊)

私が生まれて初めて「ヒトにモノを売った」経験をしたのは、今から約10年前でした。高校3年生になる前に中途退学した私は、宝飾品販売の会社に就職しました。この道を歩むと決めたのは自分、責任も結果もすべて自分に還ってくる。だから、何があっても絶対に泣かない、弱音は吐かない…そう固く胸に誓っていました。

 

入社後2か月の研修期間は、店舗での接客や商品のプレゼンではなく、主に業務内容や商品知識、接客や営業の技術等を学んでいましたが、一日も早くお客様の対応がしたい私は、毎日他の従業員が帰った後にこっそり一人で遅くまでオフィスに残り、夢中で宝石に関する資料を読みふけっては接客・プレゼンの練習をしていました。新しいものを吸収し、身につけていく喜びは何物にも代えがたく、何より「早く一人前になりたい」という若さゆえの突っ張った焦燥感にも似た思いがあったのかもしれません。

 

そんなある日。来店されるお客様が多く、店舗スタッフの手が足りないとオフィスにいた私に接客対応するよう声がかかりました。担当したのは30代半ば過ぎの女性で、特に何かをお求めになっての来店ではなかったものの、接客応対をしているうちに私の中で「このお客様は、きっと今日何かこの店の宝石を胸に輝かせてお帰りになる」という根拠のない予感のようなものが芽生えました。自分の力を試してみたい…営業がしたい。私の足は自然と支社長室へと向かっていました。そして私は、そこで無謀にも言い放ったのです。

 

「私に商品のプレゼンをさせてください! 絶対にオーダーをいただきますから!」

 

支社長は少し考えた後、ひとつため息をつき、「君がいつも遅くまで残って勉強していることは知っていた。困ったらすぐに私が接客に入るから、思うようにやってごらん」。そう言って、やれやれというように笑って背中を押してくれました。

 

…その日、私は人生初めてのオーダーを頂きました。0.3カラットのダイヤモンドのネックレス。50万円の売り上げ。オーダーを頂いたことを報告した時の支社長の笑顔と、周りの従業員達の驚いた顔。わずか入社3週間足らずという早さでの異例の初オーダーでした。

 

高校を辞めるまで、辞めてからもそれなりに泣きたくなるようなことはありましたが、絶対に泣くまいと心に決めていた私は、それまで一度だって涙を溢したことはありませんでした。けれど、お客様をお見送りした後。会社の非常階段に座り込んで、隠れてひとり泣きました。それまでの色々を洗い流すような嬉し涙でした。営業の面白さに魅了された私はその後もコンスタントに売り上げ、数か月後には女性事業部で一番の成績を取らせていただくようになりました。

 

初めてのプレゼンの後で、真剣に悩んで購入を決めたお客様が言ってくださった言葉を今でも忘れることができません。「きっとダイヤモンドはここでなくても買えると思う。けれど、私は今日あなたから買いたいと思った」。この言葉は、営業のすべてであると今でも思います。

 

あれから時は経ち、18歳の私が無我夢中で読みふけった宝石の資料はジュエリーコーディネーターのテキストになり、高校卒業程度認定試験の参考書になり、経営学の本になり、中小企業診断士のテキストになりました。そして、私が売っている商品は宝石から自身に付随するものへと変わりました。

 

現在の私は、顧問契約を結んでいる企業に対して経営コンサルティングというサービスを提供しています。また、自身の知識やノウハウ、トークという商品を講演や授業を通じて提供しています。コンサルタントになって改めて、セールスパーソンが最もセールスすべき商品は自分自身であると感じています。未熟ゆえ、悩むこともあれば落ち込むこともあります。商品を実物以上に良く見せる嘘はつけないし見栄も張れない、だからといって自信がなければお客様に商品を薦めることはできない。自分自身と向き合い続ける毎日です。その中で、ちっぽけな私が胸を張るための自信は、いつだって自分以外の大切な方々に頂いているような気がします。営業は、人間同士のパートナーシップ。お客様に教えていただくこと、支えていただくことばかりです。だからこそ、何度落ち込んでもまた前を向いて歩いていけるのかもしれません。

 

2015年1月15日、自身の経営コンサルティング会社である【株式会社ヒロインコンサルティング】を設立した日、私は自分にあるものを買いました。18歳の私が初めて売ったものと同じ、0.3カラットのダイヤモンドのネックレスです。ひとりでも多くの方に輝いていただくための光になりたい…そんな私の願いを携えながら、そのダイヤモンドは今も私の胸元でキラキラと輝いています。

PR

分譲マンション

注文住宅・建売住宅・リフォーム

事業用・投資用物件の企画・販売

シニアホーム

経営コンサルタント

旅行

不動産オーナーズローン

不動産売買

(収益物件・土地・中古マンション・中古住宅)

媒体概要

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

■発刊…毎月初旬※鹿児島版は隔月発刊 ■サイズ…A4(フルカラー) ■発行部数…福岡版/3万部、鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先 (発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部 TEL 092(285)0605

「Tokei Living」は東京経済(株)が運営しています。記事・画像の無断転載・転用はお断り致します。東京経済(株) 出版事業部 住所:福岡市中央区清川2-18-12 第2東経ビル TEL:092-285-0605

Copyright (C)東京経済(株) All Rights Reserved