東経リビング ─ 福岡・鹿児島地区の大人のプレミアムマガジン

HOME > 2015年12月号 福岡市人気エリア新築分譲マンション販売動向

2015年上半期の福岡市内での新築分譲マンション総供給戸数は2054戸とリーマン・ショック後の水準にまで落ち込みました。販売エリアについても都心部周辺に拡散する傾向が見られましたが、ここにきて都心部での新築分譲マンションの供給が盛んになってきています。そこで今回は、福岡市の人気エリアについての販売状況や今後の販売予定を紹介します。

人気エリアの希少性が高まる

 

2015年上半期の福岡市内での新築分譲マンション総供給戸数がリーマン・ショック後の水準にまで落ち込んだ大きな要因は、土地価格と建築費の高騰による販売坪単価の上昇や、昨年の消費税引き上げ時の駆け込み需要による反動減によるものでした。販売エリアについても都心部から周辺地域に拡散しましたが、ここにきて都心部での新築分譲マンション供給に増加傾向がみられます。

 

福岡市都心部といえば、赤坂、平尾、浄水、薬院、大濠公園、桜坂、六本松、鳥飼といったエリアが人気を集めています。しかし、これらのエリアでは、マンション用地がなかなか出ないこともあり、一昨年から官舎跡地や九州電力研修所跡地などの入札が盛んになりました。また、それに呼応する形で、土地所有者が「今が売り時」と判断し、数少ないマンション用地が高額にて売買されている状況が続いています。

 

 

再開発エリアが人気も薬院・大濠エリアの需要の高さは変わらず

 

そんな中、新たなマンション用地が生まれた再開発エリアが人気を集めました。九州大学六本松キャンパス跡地の再開発エリアでは、都心へのアクセスの良さに加え、その歴史的背景や敷地内に複合施設・裁判所・検察庁・弁護士会館等が共存する全国でも例が少ない司法と一体となったまちづくりが推進されているという将来性から、福岡では異例とも言える抽選が行われほどの人気となりました。

 

また、六本松エリアである中央区笹丘で、8月より販売中の九州初の大京・穴吹工務店による共同開発となる「ライオンズ笹丘サーパスレジデンス」も福岡で久々のライオンズブランドとお馴染みのセキュリティーで人気となっています。

 

六本松と同じく福岡市営地下鉄七隈線沿線で、より都心部に近い薬院駅近では、福岡地所の「ネクサス薬院2丁目」が立地のよさと価格の割安感により、ディンクスや単身者に人気となりました(完売)。なお、同エリアでは三井不動産がモデルルームなしで「パークホームズ薬院2丁目」を販売するなど、薬院エリアの魅力は確立されたものになっています。

 

福岡のセントラルパークとも言われる大濠公園近くの草香江では、福岡地所が17階建タワーマンションの「ネクサス大濠」を販売中です。75㎡・4700万円からといわゆる高額マンションですが、全47戸のロットと眺望のよさからこちらも人気で、薬院や大濠などの人気エリアの重要の高さは変わらないようです。

 

 

今後の販売予定

 

昨年、福岡市中央区舞鶴の「浜の町病院」、福岡市中央区大名の「JT福岡ビル」などの競争入札が行われ、これらのエリアではマンション開発が進められています。JT福岡ビル跡には220戸、浜の町病院跡の「別館」「すみれ寮」「駐車場」の3筆でもそれぞれでマンションが計画。また、那の津通り沿いのUR九州支社隣の駐車場跡でもマンション計画が進められています。

 

さらに、 このエリアでは九州旅客鉄道が赤坂1丁目で、24階建の高層マンション(全172戸)を建設中で、来春から販売予定です。今後は、計6カ所の事業用地にて、200戸から300戸の大型物件が計画され、半径2キロ圏内で、1000戸超が供給されることになります。

 

 

人気エリアの魅力

 

部現在、平尾、薬院、六本松、桜坂、大濠公園、赤坂といったエリアでは、同時期に新築分譲マンションが販売されています。これらの物件は、近隣に学校・スーパー・公園があり、天神・博多へはマイカー・公共交通機関で30分圏内。ほとんどの物件が地下鉄駅・バス停近という利便性に優れた生活環境が魅力です。

 

平尾、薬院、六本松、桜坂については、地下鉄七隈線の博多駅までの延伸が決定(平成32年開業予定)しており、将来的に交通の利便性はさらに増します。また、これらの人気エリアでは、「今回購入を逃してしまったら、新規物件がこのエリアで出ないかも」という購買意欲を高める要素もあり、中には投資感覚での購入者もいるようです。

 

これらの物件は福岡では知名度の高いマンションデベロッパーが販売しているケースが多いのも購入者にとっての安心感となっていて、当然、部屋内の設備もゴージャスで、希少エリアであるといったプレミアム感が人気につながっています。

 

今後、地下鉄空港線「赤坂」駅を中心としたエリアでは、1000戸を超える分譲マンションが供給されるので供給過多を懸念する声もありますが、昨年開校した舞鶴小中学校の人気もあり、ファミリー層へのさらなる需要の高まりも予想されます。

 

 

桜坂・浄水・西新エリアでも多数供給予定

 

昨年は、中央区での活発なマンション開発により児童数の増加が予想されることで、福岡市立平尾小学校の校区変更が発表されました。背景にあるのは、この校区が、薬院・平尾・平尾浄水・山荘通り・桜坂など、いわゆる高級住宅地とされる人気エリアでのマンション開発です。

 

桜坂エリアでは、三菱地所レジデンスと西日本鉄道が共同で全322戸の大型マンション「ザ・パークハウス桜坂サンリヤン」を販売するほか、今後、桜坂・浄水エリアでは数棟の大型マンション開発計画もあります。

 

また、新たな動きとして、文教エリアとして人気の早良区西新では、年明けから6物件の販売開始が予定されており、その販売価格と販売動向にも注目したいところです。

 

東経リビングの2016年1月号では、「福岡の人気エリア ハイグレードマンション特集」を掲載いたしますので、是非、ご覧ください。

媒体概要

東経リビング

Tokei Living

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

 

■発刊…毎月初旬

    ※鹿児島版は隔月発刊

■サイズ…A4(フルカラー)

■発行部数…福岡版/3万部

      鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先

(発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部

TEL 092(285)0605

東京経済(株)の地域のビジネスに関する

あらゆる情報を発信するニュースサイト

別冊 東経リビング

三菱地所リアルエステートサービスの不動産の価値最大化・最適活用とは

(2017年2月28日発刊)

PR

分譲マンション

注文住宅・建売住宅・リフォーム

事業用・投資用物件の企画・販売

シニアホーム

経営コンサルタント

旅行

不動産オーナーズローン

不動産売買

(収益物件・土地・中古マンション・中古住宅)

媒体概要

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

■発刊…毎月初旬※鹿児島版は隔月発刊 ■サイズ…A4(フルカラー) ■発行部数…福岡版/3万部、鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先 (発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部 TEL 092(285)0605

「Tokei Living」は東京経済(株)が運営しています。記事・画像の無断転載・転用はお断り致します。東京経済(株) 出版事業部 住所:福岡市中央区清川2-18-12 第2東経ビル TEL:092-285-0605

Copyright (C)東京経済(株) All Rights Reserved