東経リビング ─ 福岡・鹿児島地区の大人のプレミアムマガジン

HOME > 2015年2月号 住宅展示場に行く時のチェックポイント

「一戸建てを建てるなら、まずはともかく展示場に行かないと」と思っていませんか?

もちろん、実物のモデルハウスが見られる展示場は、五感で住まいを実感できる貴重な場ではありますが、気を付けたいのは「住宅展示場でチェックすべきポイント」を知っておくこと、「行く前の準備」をしておくことです。

■住宅展示場はどんなところ?

 

住宅展示場は「総合住宅展示場」と「単独住宅展示場」の2つのタイプがあります。

 

「総合住宅展示場」は複数の住宅メーカーが出展しており、1つの場所でいろんなタイプのモデルハウスを見学して比較することができます。「単独住宅展示場」は1メーカー単独で運営してしており、モデルハウスはリアルサイズがほとんどですので、実際に住む家としてイメージしやすく、 間取りなどは参考になるでしょう。

 

 

■住宅展示場に行く前に

 

展示場に行く前の準備としてオススメしたいのが「リクエストシート」を作成することです。

 

現在、住んでいる家の不満と新しい家に望むことについて、家族それぞれの意見をまとめて、紙に書き出し、それぞれの優先順位を家族間で決めておきます。展示場にこのリクエストシートを持っていけば、営業マンに「私たちの希望はこんな家です」とダイレクトに伝わります。

 

また、総合住宅展示場を訪れる際は、時間的にも体力的にも1日で回れるモデルハウスはせいぜい3棟までと言われていますので、訪問したいメーカーや商品を予め2~3社選んでおきましょう。

 

■住宅展示場に行く時に持っていくといいもの

 

1.メモ帳、筆記用具

2.デジタルカメラ

3.メジャー

4.書類を入れる手提げ袋

 

モデルハウスには家づくりに役立つ知識がたくさんあります。 見学中に聞いたことをメモしたり、収納のアイデア、インテリアをカメラ撮影、キッチンの仕様や高さを測ったりすることができるので実際にプランを考える際に役立ちます。

 

また、意外に重宝なのが書類などを入れる手提げ袋です。住宅カタログはメーカーにより異なりますが、大きく厚いものもありますので、手提げ袋があれば持ち帰りに便利です。

 

■住宅展示場に行く時に持っていくといいもの

 

住宅展示場に行くと、ワクワクしてしまいますが将来の家のためにも注意して見学をしましょう。

 

モデルハウスは坪数も大きく、特に玄関などは広くスペースをとっていますので、そのままをイメージしないように注意が必要です。家族の暮らし方をイメージしてスムーズに動けるかや収納のアイデアもチェックを忘れずに。また、モデルハウスの住宅設備は最新のものが多く使用されているので参考にするとよいでしょう。

 

見学をしたあとは、気にいったモデルハウスのメーカーや、収納のアイデア、間取りなどの写真や情報をまとめ、後で気がついた疑問点等もまとめておくと、次回訪問の際に忘れずに聞くことができます。気にいったモデルハウスを絞り込めたら、そのメーカーの方と詳しく話をするのもいいでしょう。絞り込みがまだの場合は、何度か見学に行き、検討されることをオススメします。

媒体概要

東経リビング

Tokei Living

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

 

■発刊…毎月初旬

    ※鹿児島版は隔月発刊

■サイズ…A4(フルカラー)

■発行部数…福岡版/3万部

      鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先

(発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部

TEL 092(285)0605

東京経済(株)の地域のビジネスに関する

あらゆる情報を発信するニュースサイト

別冊 東経リビング

三菱地所リアルエステートサービスの不動産の価値最大化・最適活用とは

(2017年2月28日発刊)

【(株)福遼建設が糟屋郡粕屋町で公開中の住宅展示場「粕屋展示場」のご案内】

■コンセプトをカタチにした「粕屋展示場」

 

(株)福遼建設が糟屋郡粕屋町で公開中の住宅展示場「粕屋展示場」は、外観デザインのコンテスト(ケイミュー施工事例コンテスト2011)で、応募総数1280社の中から最優秀賞を受賞しています。

 

「忙しいママを応援する家づくり」をキャッチフレーズにする同社のコンセプトをカタチにしたもので、過剰な仕様や設備を控え、納得の価格でありながら、豊富な実績やノウハウを活かした高品質な注文住宅。家族が自然とリビングに集うように仕立てられた設計。家事ポイントの往復がスムーズにできるように配慮された生活動線。余裕の収納スペースが確保された、空間を最大に活かすムダのない設計といったこだわりを体感できる住宅展示場となっています。

 

創業以来、常にお客様の夢に耳を傾け、一緒にワクワクし、時には試行錯誤をしながらお客様の「夢をカタチにするため」努力を惜しまず歩んできた同社がこれまで培ってきた家づくりが集結した「粕屋展示場」に是非、お越しください。

 

【粕屋展示場】JR福北ゆたか線「原町」駅そば 福岡県糟屋郡粕屋町原町1-3-17

お問い合わせ(フリーダイヤル):0120-932-130

http://fukuryou.co.jp/

 

 

(株)福遼建設

本社 〒813-0035 福岡市東区松崎2丁目5番8号

TEL.092-674-1213

特定建設業 福岡県知事許可 (特-24)第101549号

二級建築士事務所 福岡県知事登録 第2-10635号

宅地建物取引業 福岡県知事免許 (2)第16179号

PR

分譲マンション

注文住宅・建売住宅・リフォーム

事業用・投資用物件の企画・販売

シニアホーム

経営コンサルタント

旅行

不動産オーナーズローン

不動産売買

(収益物件・土地・中古マンション・中古住宅)

媒体概要

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

■発刊…毎月初旬※鹿児島版は隔月発刊 ■サイズ…A4(フルカラー) ■発行部数…福岡版/3万部、鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先 (発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部 TEL 092(285)0605

「Tokei Living」は東京経済(株)が運営しています。記事・画像の無断転載・転用はお断り致します。東京経済(株) 出版事業部 住所:福岡市中央区清川2-18-12 第2東経ビル TEL:092-285-0605

Copyright (C)東京経済(株) All Rights Reserved