東経リビング ─ 福岡・鹿児島地区の大人のプレミアムマガジン

HOME > 世界探訪 > 2013年10月号 南米世界遺産

マチュ・ピチュ

 アメリカの探検家ハイラム・ビンガムは、1911年7月24日にこの地域の古いインカ時代の道路を探検していた時、山の上に遺跡を発見した。この遺跡には3mずつ上がる段々畑が40段あり、3000段の階段でつながっている。遺跡の面積は約13㎢で、石の建物の総数は約200戸が数えられる。熱帯山岳樹林帯の中央にあり、植物は多様性に富んでいる。

 多くの言語で「Machu Picchu」と呼ばれるこの遺跡名は、「老いた峰」を意味するケチュア語「machu pikchu」を地名化したものの転写である。山裾からは遺跡の存在は確認できないことから、しばしば「空中都市」「空中の楼閣」「インカの失われた都市」などと雅称される。

 ビンガムは1915年までに3回の発掘を行い、マチュ・ピチュについて一連の書籍や論文を発表。最も有名な解説『失われたインカの都市』はベスト・セラーになった。また1930年の著書『マチュ・ピチュ:インカの要塞』は廃墟の写真と地図が記載され説得力のある決定的な論文となった。以後、太陽を崇める神官たちが統治したとか、あるいは太陽の処女たちが生贄にされたといった定説が形成されたが、未だに解明されていない多くの謎がある遺跡でもあり、2007年7月、新・世界七不思議のひとつに選ばれた。

 現在有力なのは、要塞などではなく、東西が断崖のマチュ・ピチュは太陽の動きを知るのに絶好の場所であったことや、インカ帝国では太陽を崇拝し、皇帝は太陽神の子として崇められ、暦を司っていたことから、インカ人が崇めていた太陽を観測するための建物群という説だ。実際に太陽の神殿は東側の壁が2つ作られていて、左の窓から日が差し込む時は冬至、右の窓から日が差し込む時は夏至と区別できるようになっている。

 また、処女たちを生贄にしたといわれてきた台座上の遺構もやはり太陽を観測するものであり、「インティワタナ(太陽をつなぐもの)」という意味の石の台の削りだされた柱は、一種の日時計だったと考えられている。

最大落差80メートル以上、アルゼンチンとブラジルの二国にまたがる世界最大の滝。イグアスとは先住民のグアラニ族の言葉で「大いなる水」という意味。この滝を含むブラジルのイグアス国立公園とアルゼンチンのイグアス国立公園は、ユネスコ世界遺産。

1939年に考古学者のポール・コソック博士が発見したナスカの地上絵。ペルー・ナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に描かれたこの幾何学図形、動植物の絵は、あまりにも巨大な絵が多く、空からでなければ、ほとんどの地上絵の全体像の把握が難しい。このような巨大な地上絵が何故描かれたのかは大きな謎の一つとなっている。ユネスコ世界遺産、登録名称は「ナスカとフマナ平原の地上絵」。

マチュ・ピチュ

イグアスの滝(ブラジル側)

ナスカの地上絵(コンドル)

媒体概要

東経リビング

Tokei Living

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

 

■発刊…毎月初旬

    ※鹿児島版は隔月発刊

■サイズ…A4(フルカラー)

■発行部数…福岡版/3万部

      鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先

(発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部

TEL 092(285)0605

東京経済(株)の地域のビジネスに関する

あらゆる情報を発信するニュースサイト

別冊 東経リビング

三菱地所リアルエステートサービスの不動産の価値最大化・最適活用とは

(2017年2月28日発刊)

PR

分譲マンション

注文住宅・建売住宅・リフォーム

事業用・投資用物件の企画・販売

シニアホーム

経営コンサルタント

旅行

不動産オーナーズローン

不動産売買

(収益物件・土地・中古マンション・中古住宅)

媒体概要

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

■発刊…毎月初旬※鹿児島版は隔月発刊 ■サイズ…A4(フルカラー) ■発行部数…福岡版/3万部、鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先 (発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部 TEL 092(285)0605

「Tokei Living」は東京経済(株)が運営しています。記事・画像の無断転載・転用はお断り致します。東京経済(株) 出版事業部 住所:福岡市中央区清川2-18-12 第2東経ビル TEL:092-285-0605

Copyright (C)東京経済(株) All Rights Reserved