東経リビング ─ 福岡・鹿児島地区の大人のプレミアムマガジン

HOME > 大人のこだわり > 薩摩焼酎

「薩摩」の証明

国税庁が2009年に発表した統計情報を参考に、県別でアルコール消費量を算出した結果、その第1位に輝いたのは鹿児島県だった。当然、焼酎の消費量も鹿児島が日本一だ。

 

鹿児島は「焼酎王国」と呼ばれるほど焼酎の蔵元が多く、約1000種の銘柄の焼酎があると言われている。このように聞くと、鹿児島の人はそれらの焼酎を飲み比べ、さぞやたくさんの焼酎の味を知っているのだろうと思うだろうが、地元の人間は、基本的には地元の焼酎しか飲まないのだそうだ。それだけ地元の味があり、それぞれの地域でその味が愛されているということだろう。

 

「薩摩焼酎」は、ボルドー、コニャック、スコッチなどと同じく、WTO(世界貿易機関)の協定に基づく産地指定を受けている。これは薩摩の伝統、文化として継承されてきた芋焼酎に対して、WTO加盟国間の国際的な知的所有権の保護規定であるTRIPS(トリプス)協定に基づき、地理的表示として「薩摩」が厳格な条件の下に認められているということだ。

 

「薩摩」の表示が認められるのは、「鹿児島県産のさつまいもと水を使い、鹿児島県内で製造・容器詰めされた本格焼酎のみ」となっている。国内の蒸留酒で地理的表示の保護対象に指定されたのは、球磨焼酎(熊本)、琉球泡盛(沖縄)、壱岐焼酎(長崎)に続き4例目であるが、他の地理的表示と大きく異なるのは、主原料のさつまいもを鹿児島県産に限定している点だ。「薩摩」を冠する焼酎は、鹿児島県内で製造された本格焼酎であり、高い品質の証しなのだ。

 

さて、この記事を書くにあたって、これまで知らなかった薩摩焼酎を何本も飲み(仕事という言い訳で)、局所的に薩摩焼酎ブームが再来している。この勢いで全ての銘柄を制覇したい気持ちにもなっているが、何年掛かることやら…。

 

 

媒体概要

東経リビング

Tokei Living

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

 

■発刊…毎月初旬

    ※鹿児島版は隔月発刊

■サイズ…A4(フルカラー)

■発行部数…福岡版/2万部

      鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先

(発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部

TEL 092(285)0605

東京経済(株)の地域のビジネスに関する

あらゆる情報を発信するニュースサイト

本格焼酎の

おいしい飲み方

【お湯割】

お湯を先にそそぎ、お好みの濃さに焼酎を入れて、お飲みください。焼酎6〜5・お湯4〜5。

 

【ロック】

大きめのかち割り氷を2、3個入れ、飲む量だけ、その都度つぎ足します。

 

【水割り】

前日に半々に割っておいて、一夜冷蔵庫で冷やしておき、飲む時に氷をひとかけら浮かべます。

 

【ストレート】

チビリ、チビリと舌でころがすように飲み、追い水を用意します。

今回取材に訪れた、無双蔵(鹿児島市七ッ島)では、木樽蒸留器 (左写真)を使っている。蒸気がやわらかく、杉の木の香りが移り、芋本来の甘みとまろやかな味わいを生み出す。右写真は焼酎割り水用の木槽受水槽。断熱性、抗菌性に優れ、温度も安定させるため、自然水の水質を維持することができる。※無双蔵は蔵見学が可能。

取材協力/株式会社 無双蔵

鹿児島市七ッ島1丁目1-17

蔵見学/9:00~17:00(年中無休)

☎ 0120-606069

http://www.satsumamusou.co.jp/

 

別冊 東経リビング

三菱地所リアルエステートサービスの不動産の価値最大化・最適活用とは

(2017年2月28日発刊)

PR

分譲マンション

注文住宅・建売住宅・リフォーム

事業用・投資用物件の企画・販売

シニアホーム

総合不動産・賃貸管理

経営コンサルタント

旅行

不動産オーナーズローン

不動産売買

(収益物件・土地・中古マンション・中古住宅)

媒体概要

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

■発刊…毎月初旬※鹿児島版は隔月発刊 ■サイズ…A4(フルカラー) ■発行部数…福岡版/3万部、鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先 (発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部 TEL 092(285)0605

「Tokei Living」は東京経済(株)が運営しています。記事・画像の無断転載・転用はお断り致します。東京経済(株) 出版事業部 住所:福岡市中央区清川2-18-12 第2東経ビル TEL:092-285-0605

Copyright (C)東京経済(株) All Rights Reserved