東経リビング ─ 福岡・鹿児島地区の大人のプレミアムマガジン

HOME > 黒田官兵衛

黒田如水像(福岡市博物館蔵)

朱塗合子形兜・黒糸威五枚胴具足(福岡市博物館蔵)

●黒田官兵衛

 

 時は戦国時代末期。天下人、信長、秀吉、家康を感嘆せしめた男がいた。秀吉に天下を取らせた稀代の軍師として、その名を後世に伝える黒田官兵衛(後の如水)だ。

 播州の小大名の家老だった官兵衛が、秀吉の天下取りの参謀として歴史の表舞台に登場するのは天正5年(1577)、秀吉が信長から中国方面攻略を一任される頃のことだ。今日に残る古文書で官兵衛の名前が初めて登場するのは秀吉直筆による来信の返答で、その中で秀吉は、「その方を我が弟小一郎同然に親密に思っている」と親愛と友好の念を表している。

 官兵衛はまず、地元播磨(兵庫県南部)の小土豪を織田側に味方させた上で秀吉(織田)陣営に入るが、当初から自慢の知恵を振るった訳ではない。この当時、秀吉の側には、後に官兵衛とともに「両兵衛」「二兵衛」と称された竹中半兵衛がおり、「中途採用」の官兵衛は次席参謀として大人しくしていた。ちなみに天正6年(1578)の有岡城の戦いにおいて荒木村重の説得に失敗し、地下牢獄に幽閉、信長に寝返りを疑われ、人質の松寿丸(黒田長政)を処刑寸前で機転を利かせて匿ったのが半兵衛だ。

 時は移り、天正10年(1582)。「本能寺の変」が勃発した頃には、持ち前の智力をいかんなく発揮し、数々の戦を勝利に導いていた官兵衛は、織田家随一の大軍団に成長し、秀吉陣営にあって主席参謀の地位を不動のものとしていた。そして、毛利軍との戦いの最中、京都で明智光秀による本能寺の変が起こると、秀吉に対して毛利輝元と和睦して光秀を討つように献策、中国大返しを成功させている。

 官兵衛は権謀術数渦巻く戦国時代にあって、巧みな弁舌と軍略で秀吉を支えた冷徹な軍師であり、生涯50を越える合戦で一度も負けを知らなかった戦の天才である一方で、戦国乱世にあって、幾度も裏切られ、痛い目を見ても、人を裏切らない正直者だった。また、和歌や茶の湯を愛した文化人であり、敬虔なクリスチャンとして信仰を貫き、側室を持たず、ただ一人の妻と添い遂げた律儀な男でもあった。

●2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」決定!! 黒田家ゆかりの地 福岡

 

【黒田家ゆかりの地 まち歩き】

開催日:7月12日(金)、13日(土) 時間:13時 ~15時

 

黒田家ゆかりのスポットが多い福岡・博多。

福岡藩を支えた人物秘話や現在も残る名所・旧跡などをご案内します。ガイドと一緒に歴史に思いを馳せながら散策してみませんか。

 

山笠コース「ガイドと巡る 勇壮 山笠」

参加者には記念品をプレゼント!

飾山笠・舁山笠を中心に、博多のまちづくりに深く関わった黒田家にまつわる秘話を交えてボランティアガイドがご案内します。

①川端・中洲コース

②博多・崇福寺コース

 

集合場所:東長寺(集合12時50分)

時  間:10時30分 ~12時30分

参加費 :500円(小学生以下無料※保護者の同伴が必要)

     ※保険代、記念品代、ガイド料を含みます。

定  員:両日とも20名(先着順・3日前までに要申込)

     ※5名以上の団体でご参加のお客様に関しましては、

     別途ご相談ください。

 

<お申込み先>

FAX (092)733-5055 メール guide@welcome-fukuoka.or.jp

 

<お問合せ先>

福岡観光コンベンションビューロー  電話(092)733-5050

〒810-0001 福岡市中央区天神1-10-1 市役所北別館1F

 

 

 

【鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩】ガイドツアー開催中!

6月15日(土)~8月31日(土)の期間中は毎日開催

 

二重の国指定史跡である、「鴻臚館」と「福岡城」。

専用タブレット端末を手に、デジタル技術で再現された当時の福岡城と鴻臚館をガイドがご案内します!

 

時  間:10時30分 ~12時30分

ガイド料:500円(小学生以下無料)

     ※小学生以下の方は、保護者の同伴が必要です。タブレットには保護者1名に対して1台の貸出しです。

定  員:20名(3日前までに要申込)

     ※荒天の場合は内容を変更して実施します。

     (鴻臚館跡展示館を中心に、時間短縮など)

※10名以上の団体で、上記時間帯以外を希望される場合は、別途相談をお受けします(利用希望日の7日前まで)。

※定員に空きがある場合は、当日に現地での受付も可能です(先着順)。ただし、電話・FAXによる当日の受付はできません。

 

<問合せ・申込み>

福岡城むかし探訪館(福岡市中央区城内)

電話(092)732-4801 FAX(092)732-4802

開所時間9時~17時(受付9時30分~16時30分)

ホームページ http://fukuokajyo.com/

 

 

 

媒体概要

東経リビング

Tokei Living

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

 

■発刊…毎月初旬

    ※鹿児島版は隔月発刊

■サイズ…A4(フルカラー)

■発行部数…福岡版/2.7万部

      鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先

(発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部

TEL 092(285)0605

東京経済(株)の地域のビジネスに関する

あらゆる情報を発信するニュースサイト

別冊 東経リビング

三菱地所リアルエステートサービスの不動産の価値最大化・最適活用とは

(2017年2月28日発刊)

PR

分譲マンション

注文住宅・建売住宅・リフォーム

不動産売買

(収益物件・土地・中古マンション・中古住宅)

媒体概要

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

■発刊…毎月初旬※鹿児島版は隔月発刊 ■サイズ…A4(フルカラー) ■発行部数…福岡版/2.7万部、鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先 (発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部 TEL 092(285)0605

「Tokei Living」は東京経済(株)が運営しています。記事・画像の無断転載・転用はお断り致します。東京経済(株) 出版事業部 住所:福岡市中央区清川2-18-12 第2東経ビル TEL:092-285-0605

Copyright (C)東京経済(株) All Rights Reserved