東経リビング ─ 福岡・鹿児島地区の大人のプレミアムマガジン

HOME > エリア特集 > 平尾1

平尾エリア特集1

●平尾山荘(野村望東尼山荘跡)

 

 「音もなき寛の水のしたたりもたりあまりたる谷の一つ家」。これは福岡市中央区平尾にある平尾山荘に住んだことで知られる野村望東尼(のむらぼうとうに)が自ら住む山荘の静謐な環境を詠んだものだ。

 幕末の女流歌人で維新の先覚者でもあった望東尼は、文化3年(1806)黒田家に仕える浦野重右衛門勝幸の三女・モトとして、現在の六本松3丁目付近で生まれた。美貌で知られたモトは、17歳で一度結婚するも半年で離縁。24歳で再び野村新三郎貞貫(さだつら)のもとに後妻として嫁ぐ。

 弘化2年(1845)に長男の貞則に家督を譲ると、夫婦は平尾山荘に移り住んだ。詩歌に造詣が深い2人は、薬院の商家に生まれた歌人の大隈言道(ことみち)の門下に入り、平尾の自然に囲まれながら、歌を中心とした生活を楽しんでいた。

 安政6年(1859)、夫の貞貫が亡くなり仏門に入ったモトはその名をもじり、「招月望東尼」と号するようになる。この後、50代半ばにして彼女の人生は大きく変わり始める。

 文久元年(1861)に上京、翌年に帰福した後から勤王の志士たちを密かに匿い、山荘を密会の場として提供するようになったという。高杉晋作も平尾山荘を訪れた一人だ。

 高杉晋作が平尾山荘に身を隠したのは、元治元年(1864)11月の十余日。後に望東尼は60歳で玄界灘の姫島への遠島を命ぜられ、獄舎に幽閉されるが、高杉晋作の計らいで救出される。望東尼は、晋作が待つ下関に連れて行かれ、そこで2年ぶりに彼と再会するが、晋作の体はすでに結核に侵され、彼女はその死を看取ることになる。死の床で「おもしろきこともなき世をおもしろく」と晋作が詠み、力尽きると、望東尼が「すみなすものは心なりけり」と受けたと言われている。

 平尾はその後、この環境に思いを寄せる人々が居を構え、落ち着きのある住宅街として成熟した。戦時中に福岡市内で唯一創設された平尾小学校(旧平尾国民学校)をはじめ、幼稚園から高校まで併設された福岡雙葉学園、上智福岡中学高等学校、福岡中央高校といった教育施設から、スーパー、病院、銀行など生活施設が周辺に充実した暮らしの街となっている。

 また、都心に近い場所でありながら、緑が豊富なのもこのエリアの特徴で、望東尼が暮らした平尾山荘ゆかりの山荘公園、和風庭園が美しい「松風園」、緑深い森が広がる「南公園」、「福岡市動植物園」など、心に響く四季の情緒を五感で楽しめる環境なのも、平尾エリアの大きな魅力だ。

平尾山荘にある野村望東尼の胸像。草庵は、望東尼が閑居していた時代のものは早くに廃屋と化したが、明治42年に結成された「向陵会」によって復元された。その後、幾多の困難をしのいで保存活動を続け、昭和27年に結成された「平尾望東会」に引き継がれた後に再建築されたものが、現在の平尾山荘だ。昭和49年に福岡市指定の文化財史跡となり、現在は福岡市が寄附を受けてその管理にあたっている。毎年11月6日には望東尼の慰霊を偲び、平尾山荘で「望東尼祭」が行われている。

南公園に程近い閑静な住宅街にある「松風園」。中洲にあった玉屋百貨店の創業に関わった故田中丸善八氏の旧宅の一部を整備して造られた日本庭園。既存の茶室「松風庵」と桂離宮の卍字亭を模した「あずまや」は修復され、庭園、茶室、正門などは新しく建設されている。腰掛け待合い、つくばい、石灯籠などを配し、野点(のだて)広場、露地などを備えた趣のある日本庭園で、庭園の緑は素晴らしく、四季折々にわたって楽しむことができる。園の入り口横にはエレベーターも設置され、バリアフリーになっている。

利用時間/午前9時から午後5時まで

休園日/毎週火曜日(祝日の場合は翌日)

入園料/大人100円、小人50円

駐車料/1回300円(普通車)

 

平尾山荘

媒体概要

東経リビング

Tokei Living

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

 

■発刊…毎月初旬

    ※鹿児島版は隔月発刊

■サイズ…A4(フルカラー)

■発行部数…福岡版/2万部

      鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先

(発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部

TEL 092(285)0605

東京経済(株)の地域のビジネスに関する

あらゆる情報を発信するニュースサイト

別冊 東経リビング

三菱地所リアルエステートサービスの不動産の価値最大化・最適活用とは

(2017年2月28日発刊)

PR

分譲マンション

注文住宅・建売住宅・リフォーム

事業用・投資用物件の企画・販売

シニアホーム

総合不動産・賃貸管理

経営コンサルタント

旅行

不動産オーナーズローン

不動産売買

(収益物件・土地・中古マンション・中古住宅)

媒体概要

「東経リビング」は、福岡地区と鹿児島地区で発刊する取材記事と不動産情報を中心とした「大人のプレミアムマガジン」です。

●取材記事は富裕層消費動向調査をもとに、ハイクラスの皆様に役立つ情報を厳選

●不動産情報は、新築分譲マンションの最上階、角住戸などいわゆるプレミアム住戸や事業用地、投資物件などを中心に紹介

■発刊…毎月初旬※鹿児島版は隔月発刊 ■サイズ…A4(フルカラー) ■発行部数…福岡版/3万部、鹿児島版/2万部

■広告掲載・取材に関するお問い合わせ先 (発行元)東京経済株式会社 福岡支社 出版事業部 TEL 092(285)0605

「Tokei Living」は東京経済(株)が運営しています。記事・画像の無断転載・転用はお断り致します。東京経済(株) 出版事業部 住所:福岡市中央区清川2-18-12 第2東経ビル TEL:092-285-0605

Copyright (C)東京経済(株) All Rights Reserved